銀行カードローンと銀行系カードローンの違いとは?

 

最近ではテレビや電車の中吊りなど、いろんな場所でカードローンの広告を見かけまよね。

 

どのカードローン会社も魅力的なサービス充実しており、どこを選んでいいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

またカードローン選びで悩んでいる人の中には、

 

  • 低金利
  • 内緒でキャッシング
  • 即日融資
  • スピード審査

 

など、個人によって求める特徴も違います。

 

そこで今回は、銀行カードローンの選びかたを徹底説。どこに注目してカードローンを選ぶべきなのか?徹底的に紹介していきましょう。

 

カードローン会社選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

カードローンは2種類に分かれる!

 

まず一口にカードローンと言っても、その種類は大きくわけて2つあります。

 

  • 銀行カードローン
  • 銀行系カードローン

 

一見、同じ銀行という言葉がついているので、そこまで大差がないように感じますね。

 

まずは上記2つの基本情報について、説明していきましょう。

 

銀行カードローン

 

銀行カードローンは、銀行が提供しているカードローンです。銀行自体カードローンサービスを行っています。

 

その代表的なものを紹介すると、次の通り。

 

  • 三菱UFJ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

 

など、上記のような会社があげられるでしょう。

 

銀行系カードローン

 

銀行系カードローンとは、銀行グループの傘下にある消費者金融です。

 

消費者金融ときくと、あまりいいイメージを持たない人も多いですが、銀行グループの運営会社なので安心感があります。

 

代表的なカードローン会社は、次の通り。

 

  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット

 

など、メディアでも数多くみかける名の知れた大手会社があげられますね。

 

銀行カードローンと銀行系カードローンを比較

 

それでは実際に、銀行カードローンと銀行系カードローンのサービス内容はどう違うのか?

 

各カードローン会社の特徴を表で簡単に比較してみましょう。

 

銀行カードローン 銀行系カードローン

・低金利
・総量規制対象外
・高額融資向き
・即日融資不可
・周囲にバレるリスクが高い

・総量規制の対象
・少額融資向き
・即日融資に柔軟
・無利息サービスあり
・学生、アルバイト、パートもOK

 

このようにそれぞれ特徴を比較してみると、銀行系カードローンのほうがサービスの充実性にたけています。

 

その一方で銀行カードローンは高額融資向きの低金利カードローン。

 

銀行系カードローン比べると金利も低く設定されているので、高額融資を目的とする人にはおすすめのカードローンです。

 

しかし銀行系カードローンよりも、審査が厳しい傾向にあります。

 

即日融資で選ぶなら銀行系カードローン!

 

今すぐお金が欲しい人にとって、最も大切なのは「いつ入金されるのか」ということだと思います。

 

銀行カードローンと銀行系カードローンを比較したときに、入金スピードが早いのは銀行系カードローンのほうです。

 

なぜ銀行系カードローンのほうが入金スピードが早いのでしょうか。その理由は次のを3つ。

 

  1. 審査速度の速さ
  2. 幅広い人が利用できる
  3. 自動契約機

 

これらの条件が揃っているため、銀行系カードローンはスピーディに即時融資も叶えることができるのです。

 

詳しい内容については、下記を確認していきましょう。

 

審査速度の速さ

銀行系カードローンが銀行系カードローンより入金が早い理由のひとつに「審査の速さ」があります。

 

銀行系カードローンを利用する人はお金に困っている人が多く、今すぐにでもお金がほしい人が多いので、審査時間を速くし、それを売りにすることでお客さんを集めるということに繋がるわけです。

 

昔は何もせずとも人が集まってきたのですが、時代の流れがそれを難しくしました。

 

総量規制の施行があったり、昨今大々的に行っている、過払い金請求などにより、銀行系カードローンも経営難の会社が多くなっているのです。

 

そのため少しでも利用者のために審査時間を速くしたりして、お客さんを集めているのです。

 

反面、銀行カードローンは金利が低いため利用者も申し込みやすいという側面がありますが、銀行系カードローンは銀行が母体ではなく、お金を借りている先が銀行であり、そのお金を消費者に貸しているわけで、金利を低くデイないのです。

 

ですから、少しでもお客さんを多めに確保して回転させていかなければいけないということになるわけです。

 

審査基準の許さ

次に銀行系カードローンは審査の基準が緩いという面があります。

 

顧客を集めなければならないので、そのため審査基準を低くしているところもあり、条件さえ満たせば入金がすぐに行われるというケースもあります。

 

どちらもコンピュータ審査を行うこともあります。

 

現代はコンピュータ社会のため、銀行系カードローンも銀行もコンピュータで審査を行うことが普通になっています。

 

この人についての利用限度額はいくらまでOKなのか、他社からの借入はどれくらいあるかなどです。

 

それが終われば担当者による確認になりますが、それでも銀行よりは銀行系カードローンのほうが審査基準が緩いと言われています。

 

銀行系カードローンになると、書類自体が偽造でないかなど、細かいところまでしっかりと調べます。

 

職場への在籍確認も本人が電話に出ないかぎりは審査通過できないといったこともあります。

 

しかし、銀行系カードローンの場合はあくまで自己責任という側面もあり、何か問題があっても、それは本人のせいであるという考えがあるため、審査通過は緩めに行っていると言われています。

 

銀行系カードローンの在籍確認も本人以外が対応しても大丈夫です。

 

電話確認で受付が取っても、本人が在籍していることがわかれば、それで大丈夫となります。

 

ですから銀行系カードローンは審査スピードも早いですし、入金も早いのです。

 

自動契約機の存在

最後に「自動契約機」があります。銀行系カードローンは全国的に自動契約機を展開している業者が多いです。

 

銀行系カードローンの自動契約機というものは、ほとんど存在していません。自動契約機の大きなメリットは、365日稼働しているということころです。

 

時間による制限はありますが、営業時間外であってもカード発行から借入までを行えるのが大きな強みとなります。

 

なお最近は、ネットから審査を申し込み結果を待ち、結果が出たら自動契約機で契約するといったことが一般的になっています。

 

銀行カードローンは遅延に厳しい!

 

実際のところ返済が停滞してしまった場合の対処は、銀行系カードローンのほうが銀行よりも緩いようです。

 

もちろんずっと返済しないわけにはいきせん。

 

そのため、できるだけ早い返済が必要なことには変わりありませんしかし審査が通りやすい銀行系カードローンは初めての方でも安心して利用することができます。

 

銀行系カードローンは消費者金融でも安心

 

銀行系カードローンと聞いただけでなんとなく関わってはいけないようなイメージを持つ方はいまだに多くいらっしゃるようです。

 

これは昔のサラ金などの取り立てが厳しい、高金利で元金が減らないなど悪いイメージが勝手に一人歩きしているからでしょう。

 

実際は大手銀行系カードローンは都市銀行グループ傘下になっていますので、高金利や取り立てが厳しいなどの心配はまったく不要です。

 

銀行系カードローンなら、無利息キャッシングもできる

 

利息といえば、やはりカードローンでキャッシングをするときには、もっとも考えなければならないポイントですよね。

 

たとえば給料日の前だというのに財布が心細い。そんなときにはカードローンが便利ですが、キャッシングをすれば当然のことながら金利が発生します。

 

「あと数日後には給料が入って返済できるのに、それでも金利がかかるのはもったいない」。

 

そんな思いを抱える人には、無利息キャッシングができる銀行系カードローンをおすすめします。

 

一定の条件を満たしていれば、利息なしで借り入れができるのが、無利息キャッシングです。

 

プロミスを初回利用する際には、30日間の金利が無利息となります。つまり30日以内に借入金を返済した場合には、実質0円で借入金の融資を受けられるのです。30日間無利息を利用するには一定の条件を満たす必要があり、メールアドレスの登録とWEB明細の利用登録が必要となります。

 

プロミスの借り方解説

 

無利息サービスを導入する銀行系カードローン

 

この便利なサービスは、たとえば新生銀行のカードローン「レイク」で利用できます。「レイク」では、初めて利用する人限定で、5万円までなら180日間無利息、あるいは30日間無利息でのキャッシングというサービスが利用可能です。

 

無利息キャッシングのサービスを提供する銀行系カードローン会社は、ますます増えてきています。

 

各社それぞれが、無利息キャッシング適用の条件を定めています。

 

必ず事前に、各銀行系カードローンの無利息キャッシングに関する条件について確認し、それぞれ比較しながら、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

また借り入れにあたっては、返済期間や返済金額などを確認し、しっかりとした返済計画を立てることも忘れないようにしましょう。

 

いくら無利息とはいえ、無理な計画で利用すれば、今後の借り入れにも影響してきます。

 

銀行系カードローンは、いざというときの強い味方ですので、キャッシングの利用機会が多い人は、今後の使い方も含めて事前に考えて選択するようにしましょう。

 

フリーターや派遣社員でも利用可能なカードローン

 

フリーターや派遣社員の方にとって、カードローンの契約は、ハードルが高く、審査が厳しくて通らないのではないか、契約は難しいのではないかと考え契約を諦めてしまっている方が多いのではないでしょうか?

 

たしかに昔はキャッシングやカードローンなどを利用する際の条件が厳しく、安定した収入が見込めなければ契約ができない。

 

つまり正社員であるというのが大前提でした。しかし、ここ数年で日本の就労形態がかわりました。

 

派遣社員やフリーターとして、長期にわたり働いている方が増えたことにより、銀行系カードローン会社などでも、そのような就労形態の方に対してローン契約を行えるようになりました。

 

安定した収入は必須

フリーターや派遣社員の方であっても、銀行系カードローンを利用するためにはある程度の安定した収入と、勤務年数などが審査の対象となります。

 

フリーターや派遣社員であっても、長期にわたり安定した収入を得ているという実績が確認できれば、支払い能力があると認められ、銀行系カードローンの契約をすることが可能となります。

 

すべての年収を報告

まずカードローンを契約するにあたって、実際の年収がどのくらいあるのか、申告が必要となります。

 

そこで複数のアルバイトを掛け持ちしているフリーターの方、複数の派遣会社に登録している派遣社員の方については、注意が必要です。

 

収入の一部分だけを申告した場合には、もちろん収入自体も少なく計算されるために審査が通りにくくなります。

 

もし審査に通ったとしても、利用可能限度額が低めに設定され、金利が高く設定される可能性が高くなります。

 

面倒であっても、すべての仕事に対しての申告と、合計年収を正確に報告するようにしてください。

 

土日や祝日の即日融資にも対応できる!銀行系カードローン

友人と休みの日におもいっきり遊んでしまって、お金が足りない時、キャッシングは使えるサービスになります。

 

このサービスの良いところは、お金を借りる時に担保や保証人を必要としないことです。

 

CMでやっているように、お金が必要になったらお近くにある店舗や無人契約機によって、お金を借りることはスムーズです。

 

銀行系カードローンはパソコンやスマホ等のインターネットを使って、365日24時間、いつでも申し込みが可能です。また、審査の回答も迅速で、その日の内にという場合も通常です。

 

審査を受ける場合、職場に在籍しているか確認することがあります。

 

これは決まっていることではありませんが、仮に在籍確認をするとき、職場に人がいない状態では迅速な確認は無理になります。

 

職場が日曜日は定休日という場合、在籍確認の電話を回避できるカードローンを考えてみましょう。

 

銀行系カードローンは日曜日でも借り入れ可能

銀行のカードローンの場合、電話での在籍確認が通常です。

 

一方で銀行系は、WEBサービスとして給与明細や源泉徴収票の提示を、電話の代替とできることがあります。

 

審査が極めて素早く即日で可能なので、日曜日にすぐに融資を受けられるのも特徴です。

 

お金を早急に必要とする方は、こちらを選んでみましょう。仮にフリーターや派遣社員などでも審査に通りやすい基準となっています。

 

振込キャッシングは休日対応不可!

 

気をつけたいのは、審査を通過した日が日曜日になっていると、銀行振込が行えないことです。

 

日曜日でも振り込みの手続きなら可能ですが、翌営業日以降に入金の反映がされます。したがって日曜日にはお金の借り入れはできないことになります。

 

休日の即日融資はATMキャッシング

 

もし即日で日曜日に借りたいとすれば、銀行系カードローンの自動契約機を使うことで可能となります。

 

申し込みや審査のみならず、カードの発行もできるのが自動(無人)契約機です。

 

しかも店舗内にATMが設置してありますから、そこで借り入れることができます。もし自動契約機を使って申し込む場合、結果待ちのため店舗内で待機する必要があります。

 

ですから自宅のネット申し込みを行って審査を通ってから、自動契約機に行くことのほうがおすすめです。

 

契約の時には本人確認の身分証明書は必ず要るものですから、忘れないようにしましょう。

 

自動契約機は銀行にも置かれていることがあるのですが、全国的に多く設置されているのは消費者金融の自動契約機であり、これは地方都市でも利用が容易になっています。

 

自動契約機と一緒に設置していることがあるATMでは、振込手数料は必要ないこともあります。この場合借り入れや返済には有利になります。

 

もし銀行のネットバンキングの利用と登録済みな場合、その銀行カードローンは、土日や祝日に24時間の利用と借入ができます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は銀行カードローンの選び方について、紹介してきました。

 

最後におさらいとして、今記事のポイントについて、下記で簡単にまとめていきましょう。

 

  • カードローンは「銀行」と「銀行系」がある
  • 高額融資希望で低金利を選ぶなら銀行カードローン
  • 審査スピードや即日融資で選ぶなら銀行系カードローン

 

銀行カードローンには、おおまかに振り分ると2種類存在します。

 

それぞれ特化しているものが違うので、自分にあったカードローンはどちらなのか?目的を明確にしながら選んでいきましょう。